うちわの種類

うちわの何でも情報

世界と日本のうちわの種類をご紹介

うちわの種類

それではうちわにはどんな種類があるのでしょうか?

まず「中国月うちわ」というものがあります。

これは一本の細竹を柄の部分を残し細かく割り、放射線状に広げ、そして紙を貼ったものです。

それから「朝鮮うちわ」というものもあります。

これは、木または竹で挿柄したものです。

「南方系葉扇」は樹の葉で作ったうちわです。

では日本ではどんなうちわが有名なのでしょうか?

まず「京うちわ」です。

またの名を「都うちわ」と言いますが、これは宮廷でも用いられた優美なものです。

差し柄と呼ばれる製法で、地紙面ととってを別に作る方法で、これはこの京うちわの大きな特徴となっています。

それから「讃岐うちわ」というものもあります。

これは別名「丸亀うちわ」と言われています。

丸亀うちわの特徴は、柄と骨が一本の竹で作られていることです。

丸亀におけるうちわの生産は、全国のうちわ生産量の約90%を占めているのだそうです。

最後に「房州うちわ」がありますが、これは、持つ所が丸い竹でできているうちわのことです。

多くは舟形と那古で生産されてます。

明治23年に房州でのうちわづくりが始まりなんだそうです。

その後明治30年になって、本格的に「割ぎ竹」の加工を始め、大量の加工品を出荷するようになったそうです。

Copyright (C) www.famouswebsite.net. All Rights Reserved.

うちわの何でも情報